昇進祝いに風俗へ

優しいのは間違いないからこそ

風俗嬢って基本的にとっても優しいので、つい甘えたくなるのも一つの事実ですよね。優しい存在だからこそ、常日頃感じることが出来ないことを求めて会いに行くことも多いんですよ。快感を与えてもらえるのは嬉しいですけど、風俗はそれだけじゃないですしね。そもそも、女の子に優しくしてもらうことが日常生活でなくなりつつあるような気がしますので、優しくしてくれる女の子に会いに行くというだけでも立派な動機になるんじゃないですかね(笑)男って難しいようで単純じゃないですか。だから女の子の存在によって自分の気分もまったく違うものになると思うんです。女の子の存在が遠くなってしまうと精神的に不安定になるケースもありますけど、常に女の子に甘えさせてもらっていると、そんなことはないというか、常日頃から精神面に余裕が出るケースもありますので、風俗に優しさを求めるのは決して間違っていないんじゃないのかなって思っていますけどね。

風俗、最高だって気付きますよね

何度も遊んでいると、風俗ってやっぱり最高だよなってことに気付かされるようになるんですよね。何となくと言うよりも、何を考えるでもなく楽しむようになってくると自分でも「相当楽しませてもらっているな」とか「これが風俗の客観的な評価だよな」とか、自分でもいろいろと思う部分が出てくるんですよ。それらも含めて、全て風俗の魅力だと言って良いんじゃないのかなって思いますね。風俗で遊んでいると、自分でもいろいろなことに気付かされるんです。その中でも特に顕著なのは自分の欲求が満たされているという思いですね。この思いに気付けるようになったのは、自分の中ではワンランクレベルアップしているってことだと思うんですよ(笑)目の前の女の子だけではなく、いろんな違いを理解出来るだけの余裕が生まれてきたってことじゃないですか。これは何気にとっても重要なことなんじゃないかなって思うので、今後も風俗をもっと楽しみたいなって思っています。