昇進祝いに風俗へ

だからいつも気にしているんです

人気風俗嬢のCちゃんと、是非とも一度で良いから遊んでみたいって気持ちが強まっていたんですよ。というのも、彼女はいつも行く風俗店に居る女の子なんですけど、いつ行っても受付終了なんですよ。予約しようって思って電話しても受付終了。そうすると、もはや彼女の魅力云々ではなく、とりあえずどんなものなのか一度で良いので遊んでみたいなって気持ちになるじゃないですか。それで彼女を何度も何度も諦めずに電話してようやく予約をゲット。さすがにその時は感動しましたね。そして喜び勇んで彼女との時間を楽しんできたんですけど、彼女、さすがに人気があるだけありますね。接客態度からスタイル、顔面レベルなど、男が風俗嬢相手に気にするべき部分は全てしっかりしていたなって。それが出来るというだけでも、彼女のポテンシャルは相当高いものがあるんじゃないのかなって思いましたし、プレイでもやっぱり満足感の溢れる時間を楽しむことが出来たんじゃないのかなって。

関係ないようで大切だった

風俗は日常生活の中ではあまり関係ないというか、遊びたい時だけ遊べばそれでいいんじゃないのかなって思っていたんですけど、実際には結構いろいろな部分に影響があるんだなってことに気付いたんですよ。特に思ったのが、風俗は何気に心の支えと言うか、「風俗があるから」という気持ちが深層心理に染み込んでいるので、結果が変わるってことは結構あるんですよ。例えば恋人がいなくても特に何も思わないのは、風俗があるからこそですよね(笑)風俗がなかったら恋人がいなければ女の子と遊びたいって思っても難しいんです。そこから焦りが出ていたかもしれないんですけど風俗があるから遊びたい時だけ遊べば良いかなって気持ちになれるじゃないですか(笑)これだけじゃないんです。このように風俗があるから自我を保てることって何気に結構多かったりするんですよね。だから風俗の存在は日常生活の中であまり意識していないとしても、その存在感は大きいんですよ。